Spinning Slash!!

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Sayonara Santa
福袋は福袋でした。いや、神袋でした。

しらですけど。

去年から買ってるWAREHOUSEの福袋が本日、紆余曲折ありつつも届いたので、早速開封してみました。

去年は1万円福袋を買って、そこそこ素敵なロゴ付きロンTとロゴ付き半袖Tとノンウォッシュデニムで個人的に大満足で中々の勝ち組っぷりだったのです。去年1万円であんだけ満足出来たんだから、今年は5万円福袋いっちゃってもいいんじゃないかな!と、勢いで5万円福袋を、頼んだわけですよ。やっちまったわけですよ。これで鬱袋だったら、本気でシャレじゃ済まされないんですが、まあ、WAREHOUSEの商品ですから、そこまで大きく外れることはないだろうと。激しく凹むことはないだろうと。

そう思った結果が、これだ。
read more...
マリア様がみてる
2012年1冊目。

12月の中旬位から、一気に全巻読み終わったところではあるのですが、リリアン熱が全く下がらないのでもう一周することにしました。なんて良い作品だよマリア様がみてる。ていうか、もう何回読んでるのかもわからないんだけれども。数十回。十数回ではないなー。数十回だなー。もう、こんだけ読んでると、話の流れは余裕でわかってるわけなんだけど、それでも楽しんで読めるんだよね。や、楽しみ方なんて、恐らくは2回目から既に変わっているんだろうけれども。つまりは、祐巳祥のイチャイチャっぷりで、顔が緩みっぱなしということ…ッ!
Driving in the silence
一年の計は元旦にあり。なので、ブログを再開してみます。面倒になったら止めます。

しらですけど。

ていうか、あれなんだよ。
去年振り返ってみると、まあ、大分読んだなー。と。本を大分読んだなー。と。小説、ラノベ、マンガ、取り混ぜて相当読んだなー。と思うのです。いや、真性ラノベ読みな方々だとかマンガ読みな方々だとか、つまりはビブリオマニアな方々にはまるで太刀打ち出来ない量ではあるんでしょうが、それでも、大分読んだなー、と。ここ最近の読書熱の高まり具合がぱなかったりするのも原因なのですが。

そんな訳なので、読んだ本はキッチリ記録していくことにしました。とりあえず、ブログを使って。もっと良いサービスだとかがあれば、そっちに乗り換えても良いんだけれども。結局面倒になって止めちゃったりもするかもしれないけれど。記録を残しておくというのは、良いことかなー。と思い立ったので、というか、前々から思ってはいたのだけれど、上手いスタートが見つからなかったというか。

別段レビューというわけではなく、読んだら「読みました」って書く程度に。ちょっと始めてみたいと思う。

---

ああ、昔っからやりたかったのに、やらなかった理由を思い出した。記事タイトルを曲名縛りにしてしまったがために、この本読んだ!っていってその本のタイトル付けれない。とか言うバカな理由だよ。でも自分ルールは嫌いではないので、本を読んだらその本のタイトル。それ以外は曲名。ということにしよう。
蜘蛛の糸
未だソートもままならないFFXIVですが、まあ、ソコソコ楽しんでます。

しらですけど。

現状のカスのようなUIに関しては、少しずつ改良が加えられていくようではありますが、根底からしてもう変更は無理なんじゃね?的な部分はもうどうしようもないんだろうなあ。とか思いつつも鍛冶上げに勤しんでおります。なんだかんだでこういう作業ゲーは嫌いではないのです。飽きるのは早そうですけれども!無料期間は一ヶ月延長になったし、しばらくは楽しもうかな。あと一ヶ月と少しは買う予定のソフトも無いしねー。12月に入ったら一気にMH3rdとアサクリが出ちゃいますけれど。

さて、昨日友達と二人でカラオケ2時間行ってきたので歌い上げてきた曲羅列。

ルパン・ザ・ファイヤー
Fly Away
Continue
ループ
on my way 〜reborn〜
Utauyo!!MIRACLE
サクラサク
花の巴里
恋のメガラバ
サンタクロース
とんぼ

昨日はCROSSOで歌ってきたので、普段のDAMじゃ歌えないようなのを歌えば良かったかなあ。とか思いつつも、あんまそんなことは無かった。序盤にSEAMOが重なってるのは、SEAMO歌いたかったから!Continueは良い曲ですよ。携帯の着メロに威風堂々を設定したくなってくる。

あ、Utauyo!!MIRACLEは完全に玉砕でした。
花鳥風月
中間素材がおかしいって。

しらですけど。

ヴァナ・ディールでは生産職には殆ど手を出していなかったわけですけれども。ああ、一応錬金が60だ。でもそれ以上は上げなかった。多少、オイルやパウダーは自作で財布を守ろうと、その程度でしか無かったのですよ。

しかし、エオルゼアでは頑張ってやろうと!自分が作った武器や防具を誰かに使ってもらおうじゃないかと!一攫千金狙ってやろうじゃないかと!生産職自体がメインジョブに位置付けることが可能なシステムだからこそ、そういった考えが出来るわけですよ。うん。これがヴァナ・ディールと同じで基本は戦闘職、生産はサブ的な位置付けだったら最初から戦闘職しか遊んでなかったと思う。メインを張ってもレベルやランクは戦闘職と変わらないのだからこそ、そういう考えでやっていけるわけです。

そんな感じで現在鍛冶を頑張っている訳ですがー。いや、これ、中間素材がおかしいよね?完成品よりも中間素材のほうが要求ランク高いってドウイウコトナノ…。試しに11のレシピチェックしたらそんなことは無いしなあ。鍛冶側材料は素人ランクなのに、要求される裁縫材料が見習い以上必要だったりだとか。うーむ。各種グリップに違う材木使ったりだとか、布なんかにしても武器種や工具によって違う布を要求したりっていうのは、確かに拘りを感じられはするけれども、煩雑になりすぎてわかりづらいよね。(アッシュ)とか(メープル)とか、(ブロンズ)とか(ブラス)とか、あの辺見てるとホントに意味わかんなくなってくるし。UIがダメだダメだといわれてるけど、この辺もダメな気がする。うん、拘りは感じられるんだけどね。リアルさを追求しようっていう。でも、なんかなあ。
<new | top | old>
 換気扇